金沢の繁華街、香林坊近くのせせらぎ通り沿いにある、好みの香りに出会えるお香の専門店、香舗伽羅。

重陽の節句
「雑学日記」 
今日は九月九日、「九」という陽の数が重なることから重陽(ちょうよう)といいます。
昔、中国ではこの日をめでたい日とされ、菊の香りを移した菊酒を飲んで邪気を祓い
長寿と健康を願うという風習がありました。
日本には平安時代に伝わり宮中では観菊の宴が催され「菊の節句」を楽しみました。
香道の世界では、「重陽香」という組香がなされます。
華道では菊のみで「お生花」を生けるそうです。
また、茶道では「きせ綿」というお菓子が出されそれぞれの世界でこの習慣を大切に守っています。
菊は高貴な日本の国花で、その意匠が皇室の紋章にもなっています。
二十四節季の意味を紐解いてみるのも面白いかと思います。